闇金業者

超大手銀行

銀行でお金を借りるのであれば、みずほ銀行を利用するといいでしょう。みずほ銀行は誰もが知る日本最大手の銀行ですね。ちなみに日本3大メガバンクの一つです。(3大メガバンク=三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行)

 

全国に支店がある銀行で、知名度も抜群ですね。闇金業者とは180度違う、安心・安全の金融機関です。

 

こちらみずほ銀行からは、住宅ローンや自動車ローン、多目的ローン・カードローンなど、様々なローン形態から利用する事が出来ますよ。

 

金利設定も低くなっており、ローン利用しやすくなっているのが特徴ですね。とにかく安全性重視でお金を借りるのであれば、こちらのみずほ銀行を利用するといいでしょう。

 

 

みずほ銀行に対して思う事

みずほ銀行と言えば、日本の大手銀行三社の一角であり、いわばメガバンクと言われる銀行です。
ですが、個人的にみずほ銀行のイメージはあまり良いものではありません。

 

最近も、暴力団をはじめとした反社会組織への融資が問題となりましたが、みずほ銀行は大きな不祥事を度々起こしています。

 

ぎょうせい詐欺事件では元審査役が関係し、みずほ銀行暴力団融資事件では総額二億円を融資していたとされています。

 

特に、後者の事件では業務改善命令を出されるなど、極めて重い処分が下っています。

 

そもそも、みずほ銀行は様々な銀行が合併・吸収されて設立された銀行ですので、銀行内の意思疎通が上手くいっていないという面も少なからずあるようです。

 

ただ、実際には意思疎通が上手くいかないだけならまだしも、実際には派閥争いまでが行われているとも聞きます。

 

事実、みずほ銀行暴力団融資事件に関しては、当時の会長を引きずり下ろすため、対立派閥がリークしたとも言われているほどです。

 

はっきり言って、このような不祥事と内輪もめを繰り返している銀行にお金を預けたいとは思いません。
特に、暴力団融資事件は自分の預金が反社会組織に流れていたかと思うと、ぞっとするほど怖いです。

 

人のお金だからといって、それを反社会組織に流すのは、普通の感覚ではあり得ないと思います。
これらのことから考えて、みずほ銀行は預金者のメリットよりも、銀行内での立場の方が大事なのだと思えて仕方ありません。

 

少なくとも、コーポレートガバナンスに関しては、かなりレベルが低い銀行だと思います。
日本の大手銀行の一角ではありますが、できるかぎり使わないようにしている銀行です。

 

派閥争いやコーポレートガバナンスが改善されれば、選択肢に入ってくるかもしれませんが、現段階ではそのようなことはなさそうです。